一番下は3才双子。6人のママの大切な日々

6人の子供を一人で育てています。

クリスマスプレゼントの毎年恒例モヤモヤ。

毎年、”クリスマスプレゼント”
には頭を悩ませてる一人です。
私自身は、超ロマンチストの父が
めちゃくちゃ手の込んだクリスマスプレゼント
大作戦を毎年展開してくれたので
子供の目にはまるでイリュージョン✨
”不思議”を体感するスペシャルな日でした。
 
 

f:id:flybymiles:20201226212158j:plain

f:id:flybymiles:20201226212222j:plain



 
自分の子供には。。。
子供達の欲しいものを
夫婦で上手に聞き出すとか
サンタさんに電話するとか手紙書くとか
できなかった
夫婦で手分けしてプレゼントを
用意することはなかった
お手紙を書かせて
夢を語って
サンタの絵本を読んであげて
お金の工面をして
なるべく安くで希望のプレゼントを手に入れて
子供達の眠りが深い明け方に
車に隠しておいたプレゼントを取りに行って
枕元に置いて上げて
これらを全部一人でしてた。
全然、ワクワクしなかったし
全然、子供達がこれで幸せになる〜
なんて思わなかった。 
お金がこんなにかかることをやるべきなのか
街に溢れる数々の商品を見て
こんな高いものを買ってあげる親がいるのか
こんなにたくさん買ってあげる親がいるのか
一つもプレゼントをもらえない子もいるだろうに
自分の子供にだけこんな贅沢をさせていいものだろうか
本当に本当に複雑な気持ちで
物販のための仕入れもかねてあらゆるお店を周り
仕入れのための大量な”物”を持ち帰っては売る作業。
去年と一昨年は
それもあって
手作り作家さんのあったかいネックウォーマーとか
(本当は自分で作ってあげたい!)
24色の色鉛筆、とか
単に”お金をかけて喜ばせるものではない”ように
用意したけど
子供達が欲しがるものは
やっぱりテレビで見たあれとか
Youtubeで見たあれとかに
なるわけで
なんでうちだけ、お願いしたプレゼントは
来ないの?とか言える年にもなっていて。
ママがいない子供達とか
病気の子供達とか
戦争の中にいる子供達とかに
優先して配られるから
あなたたちはとっても恵まれてるから
ちょっと高価なプレゼントは回ってこないかもね。
でも、この文房具でこれからも頑張ってね
いつも見守ってるよ。っていうメッセージだよ。
とかww話をして誤魔化すとかしてきたけど。
去年は母子家庭として
支援団体から豪華なプレゼントをいただいたりもして。
なんだかな〜〜〜〜〜〜
モヤモヤが今年も取れないまま。
 
 
 

f:id:flybymiles:20201226212332j:plain