一番下は3才双子。6人のママの大切な日々

6人の子供を一人で育てています。

高校3年間の進路の決め方〜失敗編〜

昨日の記事は
この時期は絶対勉強しておかないと、取り返しがつかない!
なんてことはないよね。ってことを書きました。

6mama.hateblo.

 

私が高校1年生の1993年はバブル崩壊最盛期。(バブル崩壊:1991〜1993)

当時の将来の夢はキャビンアテンダント
それを親戚一同集まった時に話したら、
「空の上でお給仕するのね」
と言われてなんだかものすっごく府に落ちなかったので

2年生で理系に進んだこともあり
夢は、「宇宙関係」「パイロット」に変更。

 

私のひいおばあちゃんが子供を9人?10人?産んで我が家が本家という
立ち位置で、親戚は医学部に進む人が多数な中
本家の子供は経済学部。
というイメージが勝手にあった私は高校1年から長崎大学経済学部を目指していました。
(父も弟も長崎大学経済学部卒。)

だから昨日の記事の、
理系アッパークラスに進んだところからちょっと
線路が違って来ていてはいたのだけど
長崎大学経済学部→航空会社に就職
という路線も、CAの正規採用ゼロのニュースで終了

 

「宇宙関係」「パイロット」なら、
九大の工学部とか航空工学とかを目指さなければならなくなったけど・・・

1年生の最後の方だったかな
恋愛に夢中になり成績はそこから全く上がらず。

 

特に物理が苦手すぎる!!!!!

 

そこで誰か、高校の先生が教えてくれたらよかったのに。

 

お前は文系脳だよ、って。

 

理系アッパークラスにいるとなんだか勝手に圧力を感じて
結局理系方向にしか進路を考えなくなって
でも成績はあんまり・・・だから
模試の学校コードの中でたまたま見つけて適当に書いてみた、航空保安大学校

 

 

www.cab.mlit.go.jp

 

 

航空保安大学校に行ってなれる職種は、以下の3つ。
航空管制官、航空管制技術官、航空情報官

 

私がきっと得意なのは管制官だ。
そう思ってたのに、理系っぽいのを選んでみるか。というところと
管制官に比べて技官は倍率が相当に下がる!のを見て
お仕事の中身をよく考えずに技術官を受験。

 

 

というコースにあれよあれよと進んでしまったわけでした。。。

 

 

理系に進んだところから
もう自信がみるみるなくなって
勉強したくなくなって
自分がバカに思えて
私は頑張っても頑張ってもダメなんだと自分に言い続ける人生に突入。

 

 

ここから一気に、
ダークな20年が始まっていましたね。

 

 

思い出すのに一生懸命になってしまって
今日はナニを言いたいのかってところが
わからないブログになってしまったけど

 

私が昔の自分に言いたいことがあるとしたら
中学生、高校生の直感だって、相当に大事だ!!!!

 

周りの意見や、普通はこうだよ〜
という言葉にほんろうされるようになってから
全然、自分の人生をコントロールできなくなったことが明らか。

 

いつでも心は、自由にしておかないと。