一番下は3才双子。6人のママの大切な日々

6人の子供を一人で育てています。

特殊な”大学校”に行って正解?間違い?

さて、また昨日の続きです。
普通の国立大学にも行けたのに、なぜ大学校という特殊な学校に進んだの?
ということについて書きました。

  1. 身分が国家公務員となるのでひいじいちゃん孝行ができるから
  2. 4人きょうだいの一番上だし経済的に実家が助かるから
  3. 航空関係で進める進学先としては一番偏差値が低かったから

という理由でした。
いや、それ全然書いてなかったことじゃん!!w

それに加えて

  1. 東京(羽田空港の敷地内にありました)に行けるから(2021年現在は関空の近く、りんくうタウンに存在します)
  2. 進学と同時に給料がもらえるから
  3. 当時の同級生の彼氏が早稲田大学に決まっていたから

でした。(これは書いたねw)

 

6mama.hateblo.jp

 

航空保安大学校に入ると入学時点で全員が国家公務員となります。
どの職業につきたいかを決め、3つの科のどの科を受験するのかを決めます。

航空管制科(航空管制官になります)

f:id:flybymiles:20210121204844p:plain

航空情報科(航空管制運航情報官になります)

f:id:flybymiles:20210121205008p:plain


航空電子科(航空管制技術官になります)

f:id:flybymiles:20210121205051p:plainf:id:flybymiles:20210121205109p:plain

航空管制官以外の二職種は、一般にもあまり知られておらず
本屋さんなどにもあまり資料がなく、当時の私(何も知らない高校生)が
職業の中身についてよくわかるわけもなく、
管制官は英語がペラペラじゃないといけないのだろう
・理系だから電子科なのかな
という死ぬほど適当な考えで航空電子科を受験しました。

入ってみてからわかったことは
管制科以外の二職種はみんなだいたいそんな感じで受験していました(爆)

なので入ってから
こんなはずじゃなかった・・・
とりあえず英語ができないからいっか・・・・
もともとオタクっぽいから肌に合う・・・
転職しようかな・・・

という想いばかりの中で、国家試験に集中し、全国に転勤し、
無事に技術者になってしまうのでそのまま定年まで真面目に働く
というコースになっております。
(こら、怒られるよw)

 

私はというと、前々回、前回の記事でも書いていますが
文系なのに理系に進んで進学先まで理系で考えたバカなので
高2から苦手科目になった物理、数学がさっぱりわからず
(大学レベルがわかるわけない!!!!)
というか興味が湧かず、嫌でたまらないので授業も自習も眠くて眠くてしょうがなくて
(いやこれ、本当に頑張ったんですけど、眠くなっちゃうんです)
落ちこぼれ中の落ちこぼれ。

なんとかかんとか、国家試験には合格し
単位も何度も再試験をして取ることができ
無事に2年の座学を終えて、全国の空港に転勤となるのでした。

ツラかった・・・・本当にツラかった。

でもどんな進路でも似たようなことって起こるだろうし
辛いことの方が学びは確実に多いので
あそこでこうなっておけば・・・とか
もっと別の道を選んでおけば!とか
全く考えませんけどね。

ただ、周囲にはものすごくお世話になって
ご迷惑もおかけしました。
退職してしまってみなさんとは接点がないのだけど
学校の写真に懐かしい顔があったりして
少しセンチメンタルになりましたw

 

高校時代からここまで、回想シリーズを書いていますが
進学校に進んで成績がいくら良くても
進路や行動によっては成功だったか失敗だったか
人の人生なんてどうなるかわからないもの。

いい高校に行って、いい大学に行ったらいいところに就職できて。。。
なんてわけにいかなくなってきた、というか
それでいい生活、幸せが手に入る人なんてむしろ少ない方でしょ、という時代に
なってきたと思っています。

こんな時代に、
自分の高校、大学の頃のあの高校に行って、あの大学に行きなさい。
こういうところに就職は?こういう職業もあるよ?
と一昔前の情報で普通の親がアドバイスができると思うのは間違い。

子供達の方がよほど先を見越した選択ができる時代ですよね。
私たち大人も”今”を知っている大人になれるよう、情報は常に更新しなくてはなりません。

 

次回は全国に転勤して、どんな仕事をしたの?
について書きたいと思います。