一番下は5才双子。6人のママの大切な日々

6人の子供を一人で育てています。あなたの味方メインサポーター

長男の高校受験。マヌケな母のせいでドタバタ劇に。

福岡から、長崎県五島福江島まで
長男の受験に付き添いで行ってきました。

私の人生にまた一つ、とても勉強になった件だったので
記録します。

 

受験前日から、島入りする予定にしていた私。
1か月前にはマイルで航空券と宿を手配して
天候にも恵まれ、いざ空港へ出発。

 

空港に向かっていた途中で宿から驚愕の連絡。

 

 

 

「飛行機、欠航になってますけど…」

 

 

 

 

しばらく、必死で頭の中整理しようとしたけどできず。

 

ANAからメールが届いていないかスマホで確認。
GMAILの受信箱で検索して発見したのは
迷惑メールフォルダに入っていた
1月15日(半月前)の飛行機欠航のお知らせ
メール。

ANAからのメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうのは
以前からわかっていたのにまぁいいやと思っていた自分を悔やむ。

 

関係各所に電話しないと、とあせって
受験先の高校、在校する中学校に電話。

「お母さん、大丈夫ですか???」
と受験予定の高校の先生に言われて泣いてしまいました。。。

「いえ、実はショックでちょっと今、大丈夫じゃないです。
(フェリーが運航していたらありますよ、と教えてもらって)
でもフェリーにかけます
と答えたけど

 

「お母さん、子供の受験のための公共交通機関
欠航に気づかないとか大丈夫ですか?」
だったのか

「お母さん、気が動転しているでしょうけど大丈夫ですか?」

どっちの意味の大丈夫だったのかは謎w

 

一番大変だったのは往復ルートのリサーチ

  • 電車、バス、飛行機、フェリー、タクシーの連絡先を
    探すのにも一苦労。(簡単にネットで電話番号を見つけられないように
    掲載するようになって久しいですよね)
  • レンタカーを借りる予定だったので現地の公共交通機関の確認
  • コロナで通常運行ではなく、各会社臨時の処置なのでネットにもアプリにも
    反映されていない
  • アプリやネットに頼らず往復のルートをリサーチし
    時刻を確認し旅程を作る

その前の受験校の先生とのやりとりでも

「今から(15時時点)長崎港発16時半のジェットフォイルに乗れますか?」
「長崎まで2時間はかかるので無理です。」

「往復フェリーだったら可能ですね」
「明後日の残った5人の子供たちの面倒を見てもらう人の確保ができません」

明日の朝の受験に間に合うためには、夜行フェリーのみが
可能とわかってからマホで検索。

 

フェリー初めてでテンパってて手が震えててスマホだと全然わかんない!!!!

泣き出してしまった私に長男が

「ママ大丈夫だよ。人生なんてどうにでもなる。
今回受験ができなくてもあと100通りくらいの人生を考えられる。」

 

「そっか・・・そっか。ありがとう。」

私の大失態で高校受験という人生でかなり大きな
イベントが、進路を決めて心躍らせるはずのターニングポイントが
台無しになってしまうかもしれないとか
さらに
今まで我慢していた涙(もうこれで長男は家を出てしまったら
私と暮らすことはないかもしれなくて、まともにお弁当を作ってあげる
日々とかも持てなくて、とか)があふれてきてしまって止まらなく。

 

とりあえずスッキリするまで泣きました。

(と言っても、急いで足の確保!早く挽回!って自分で
おしりをたたきながら。)

 

 

空港へ向かっていたのですぐに家へもどり、
パソコンの前で集中。

座ったとたん、部屋のドアのところに立ってみていた長男が

 

「さぁ、ここからママの逆襲が始まる。」

ってつぶやいて


「まぁそうだよね。」

って自分にもスイッチが入ってたつもりだったけど。。。

 

 

帰りは福江島から長崎空港までの飛行機は飛んでることを
発見して、すぐに予約。

そこでまたさきほどの欠航メールの内容を思い出す。

「振替をご希望のお客様はこちら」

新たに予約をしてしまった!!!!
ただでさえ、お金がかさみそうなのに
これで1往復分が無駄になってしまったらどうしよう・・・

 

すぐにANA特典航空券ヘルプデスクへ電話。
私「最初の往復の片道分を明日の復路へ振替したかったのですが
間違って新たに予約をしてしまいました。。。」

デスク「コロナでキャンセルするとマイルの有効期限が
2014年まで延長となっておりますので、お客様の場合も
最初の往復分をキャンセルするのが最善です。」

 

わ~(´;ω;`)不幸中の幸い!!!!

今回振替にしていたら、一部マイルの有効期限延長ということに
なっていなかったということかぁ
(web上では振替に誘導されていたし
今日はテンパっててそんな情報知ってたけど考慮に入れる余裕がなかった!)

これで復路の福江島長崎空港は確保したけど、
長崎空港ー博多を確保のために高速バス、JRの時刻と料金を比較。

 

ネットで情報を見るとコロナの影響で便数が少なくなっていたり
でJRを選択。

 

JRの駅までの経路を確認するために空港と諫早駅に電話。

 

空港から駅までのルートは

  1. タクシー(大村駅まで10分)
  2. 路線バス(諫早駅まで45分)
  3. シャトルバス(諫早駅まで?分)休止になってた

諫早駅の駅員さんがバスの運行状況、時刻も調べてもらった上で
空港-タクシーで大村駅諫早駅へ-かもめに乗り換え
が最善と判明。(めちゃくちゃ親切だった!!!!)

  • 切符の上手な買い方
  • 安い買い方
  • 指定席をつけても無料なこと

詳しく教えていただけて、この工程で決定。

 

 

 

この時点で16時半。フェリーの出発は23:45。到着は翌日08:15。
港に着いてからのタクシーの予約もして
(受験生で9:00の受付時間に間に合いたいこともお伝えしたら
フェリーから島民が降りる近道とか、もしも迷っても
無線で誘導して近くにお迎えに行きますから安心してください、とか
本当に親切でした。)

 

フェリーなんて、40年近くぶり。
トイレは公衆トイレの様相で
船室も雑魚寝で・・・・

当時、幼い弟たちが酔ってしまって
何時間も父と母でおんぶ、だっこで死ぬ思いをしていた
姿を思い出し、ものすごく不安になるけど
そんなこと言ってられない!絶対に無事に連れていくんだ!
と自分を奮い立たせてフェリー乗り場へ。

 

予算を大きくオーバーするので
一番安い、2等客室でいいよね・・・

 

と思いながら予約したことを告げに窓口へ。

 

 

窓口の人「お部屋はこちらがございます。」
私「はい。一番安いところでいいです。」

f:id:flybymiles:20210205111630j:plain


窓口の人「こちらのお部屋は完全個室のカギがついているお部屋で
こちらは鍵がついていませんが、半個室となっております。
どちらになさいます?」

私「・・・もしかして、女性は個室を取るのが普通ですか?」
窓口の人「はい・・・そうですねぇ」

そっかぁ、と考え直して
料金なども考えて、半個室にしました。

 

 

不安とちゃんと行くことができる!という安堵と覚悟で
通路を歩いて。。。

f:id:flybymiles:20210205111614j:plain

 

 

 

 

 

 

 

乗船してみたら、豪華客船でびっくり!!!!!!!

f:id:flybymiles:20210205135710j:plain

 

泊まるところは、半個室。小ぎれいで、全然大丈夫!!!

f:id:flybymiles:20210205111650j:plain

 

テレビもある!!!

f:id:flybymiles:20210205135947j:plain

 

船内を探検。ラグジュアリールームなんてのもある!

f:id:flybymiles:20210205140039j:plain

 

そして一番不安だった、お手洗い!!!!!
綺麗~~~~~~~(もう寝る格好ですみません)

f:id:flybymiles:20210205140112j:plain

 

波は高いのか、結構揺れたけど快適に過ごせました。
翌朝、無事に港でタクシーに乗り換えて
受験会場にも受付時間前に到着。

 

死ぬほどホッとしたのでした。。。

 

 

次回は復路について書こうと思います。